ヘッダー画像

フィリピン人の英語はなぜ上手い?

なぜフィリピン人は英語が上手なのでしょうか?今回は、フィリピン人がどうして英語が上手に話せるのか、また実際にフィリピン人の英語の発音はネイティブの英語と比べてどうなのか?その理由はフィリピンの歴史、教育制度にありました。今回、フィリピン人の英語はなぜ上手いか詳しく説明します。

スポンサードサーチ

ほとんどのフィリピン人が英語を話せる理由

英語の授業

フィリピン人が英語を話せる理由を説明します。

小学校から英語で授業しているから

フィリピン人が英語が話せる理由の1つに小学校から英語で授業をしていることがあげられます。「なんだ日本と同じじゃないか」と思うかもしれません。でも、一番の決定的な違いが、フィリピンでは英語を英語で学んでいるということ。日本の英語の授業は試験のための英語ということ。

日本の英語の授業は日本語で英語を勉強します。文法の基礎は身につきますが、いざ英語で喋る、となったら文法の勉強しかしていないためそれを会話で応用することができないのです。フィリピンの英語の授業は英語で行われているため、文法のニュアンスも会話ベースで学ぶことができる。授業の中で英語を喋る機会が非常に多く、フィリピン人は特に英語のスピーキング力、リスニング力が高いのです。

更に英語の科目以外の授業でも英語を使って授業を行うこと多く、フィリピン人の多くは英語脳がかなり発展している。そのため英語で喋ることに抵抗が全くなく、フィリピン人は英語が上手い。英語が喋れる、聞けるということに繋がるのです。

公用語がほぼ英語だから

フィリピンの公用語はタガログ語と英語です。フィリピンではそれぞれの地域ごとによって言語が違い、全部で約120個以上の言語が存在すると言われています。これは標準語と関西弁のような違いでなく、そもそも単語も文法も違うそうです。マニラに住んでいる地域の人はセブで喋られている言語は分からない。セブに住んでいる人は他の地域の人が喋る言語が分からない。これがフィリピンの言語の現実です。

そのため、フィリピンではタガログ語と英語が公用語になっています。タガログ語は主に首都マニラの地域で喋られている言語ですが、どの地域のフィリピン人も公用語に指定されているタガログ語を学校で学び、喋れるようになっています。英語も同様で、フィリピンの全ての地域の人が喋ることができるため、違う地域同しのフィリピン人が会話をする時はタガログ語と英語が混ざっている言語になるそうです。

そのためフィリピンのテレビで流れる言語のほとんどはタガログ語と英語です。英語はフィリピン人にとって他の地域のフィリピン人と会話をする時にとても重要なものであり、ビジネスや公の場では主に英語を使うことが多い。公用語がほぼ英語だからフィリピン人は英語が上手いのです。

アメリカの植民地だったから

フィリピン人がなぜ、そもそも英語を使うのか?それは昔、アメリカの植民地であったことが上げられます。フィリピンは1898年〜1946年の48年間アメリカの植民地とされていました。(実質日本もフィリピンも今でも植民地ですけども、、。)

そのため、フィリピンでは英語がぼ公用語のようなものになり、教育制度にも英語が入り込んでしまった。文化もリトルアメリカみたい。ちなみに日本がフィリピンのように英語が浸透しなかった理由は日本に独自の文化が根付いていたから。だからマッカーサーはあえて日本に英語を浸透させなかったようです。

そもそも文化というものが存在しなかったフィリピンはアメリカやスペイン、日本の統治によって独自の文化も育たない。言語はほとんど英語。独自の文化が育たない国は発展しないという感じになってしまった。フィリピン人が英語が上手い理由の影のデメリットとして、国が発展しなかったことも挙げられるでしょう。

しかし、今ではたくさんのフィリピン人は得意の英語力を使って海外に出稼ぎにいけるメリットがあります。文化のない英語がとてつもなく上手いフィリピンが今後どう発展していくか楽しみですね。

フィリピン人の英語の発音に訛りってあるの?

英語の勉強

フィリピン人の英語の訛りについて説明します。

一般フィリピン人の発音は訛っている

フィリピン人の英語は訛っています。フィリピン人はフィリピン英語を喋ります。

フィリピン人の英語の発音の特徴は、少しカタカナ英語っぽくアメリカ人のような滑らかな英語ではありません。一般のローカルのフィリピン人の英語は聞き取りやすい人、聞き取りにくい人がいます。よくいろんなサイトでフィリピン人の英語は聞き取りやすいという情報がありますが、フィリピン人の英語を発音、訛りは人それぞれということです。

だって日本人でも滑舌が悪い日本語を喋る人いますよね?

フィリピン人の講師の英語の訛りはあるの?

語学学校の先生の英語の訛りはどうでしょう?これもフィリピン人の講師、人それぞれです。アメリカ人のようにすごい滑らかなアメリカ英語を喋るフィリピン人講師もいますが、ローカルフィリピン人のようにカタカナ英語を喋るフィリピン人講師もいます。

でも強いていうなら、語学学校で働いているフィリピン人講師の発音は一般のフィリピン人に比べてネイティブの英語に近いのではないでしょうか。もちろん学校でトレーニングを受けているし、そもそも英語が下手くそすぎる講師を採用する学校はありません。

これからフィリピン留学する方でフィリピン人の英語の訛りを気にしている方へアドバイスです。あなたの英語の目的、ゴール地点はどこでしょう?もし、アメリカの大学に進学してネイティブ並みの英語が喋りたくなりたいんだったら、アメリカに行きましょう。それかフィリピンで英語の基礎を格安で身につけてアメリカに行きましょう。

ビジネス英語を身につけたい方は別にフィリピン英語だけで良いでしょう。インドの人はみんなネイティブの英語を喋れません。ヨーロッパの人はアメリカ人の発音はできません。何が言いたいかというと、自分の目的次第でどこまで英語を勉強するのか。フィリピンではネイティブの英語を学ぶことはできませんが、英語の基礎は学ぶことができる。そういった視点を持って留学するといいかもしれまてん!

フィリピン人とネイティブの英語の特徴・違いは?

英語の勉強

フィリピン人とネイティブの英語の違いはスラング英語が使われるか使われないかの違いです。フィリピン人はアメリカに住んでいないので現代のアメリカ人が喋る英語を使う人はあまりいません。これはアメリカに留学していたササセブの体験談ですね。

フィリピン人は生活態度と反比例して、喋る英語は綺麗で、特にFワードなどのスラング英語はあまり使いません。まるでテキスト英語科のような綺麗な英語を使います。教科書通りのベーシックな英語を喋るのがフィリピン英語、ネイティブの英語はネイティブの英語ということが主な違いです。

関連記事

  1. 0から始まったフィリピン留学・3編 「留学スタート~将来とは?」

  2. なぜマルコスは埋葬されたのか?マルコス一家とドゥテルテは親友だった?フィリピン国民の声を現地から

  3. セブでマクドナルドのデリバリーを頼んだら何分かかったと思う?

  4. フィリピン人女性の性格・文化と教育で説明します

  5. セブに住むと分かるあるある5選

  6. フィリピン人の平均寿命が短い理由はこれだ!

  7. セブ・セブンイレブンジュース11選 本日のジュース

  8. フィリピンが発展できなかった理由・セブの大学の先生に聞いてみた

CEGA


Zen English

セブ島留学センター




アーカイブ