ローカル情報

【売春婦にインタビュー】フィリピン・セブ島の売春事情

投稿日:

フィリピン・セブ島の売春婦の情報をお探しですか?本記事ではフィリピンセブ島の売春婦に直接インタビューしたリアルな売春事情、彼女たちが抱えているナイトライフの闇の部分を赤裸々に記載しています。普段、我々が知ることもないセブ島の売春婦のリアルな事情にスポットを当ててご紹介。

スポンサードサーチ

フィリピン・セブ島の売春婦の裏のリアルな事情と闇

スケベな男性にとって東南アジアで女性を買うというのは価格が安く済み、その上、背が低く人懐っこく可愛らしい女性と素敵な夜を過ごせるということで人気が高い。フィリピン・セブ島もまたそんな売春大国の一つであると言っても過言ではないでしょう。

フィリピン・セブ島と言えばバケーションに来る観光客と英語を学びに来る留学生で溢れていますが、そんな期間限定の滞在者には特に売春は人気。週末となればクラブにナンパや、KTVに女の子と遊びに言ったり、マッサージで抜いてくるなんて日常茶飯事だと思います。

今回は、売春婦の中でもビキニバーやKTVなどに所属しないフリーランス売春婦の方の協力を得て頂き、インタビューを取りました。知られざるフィリピン・セブ島の売春婦の闇が見えてきたので、皆さんにご紹介します。

売春でお金を稼ぎ学費を払う学生は全体の10%

フィイリピン人の売春婦の値段

まず、驚くべきことに立ちんぼやアプリケーションを利用してフリーで売春をしているローカルの女の子達の平均年齢ですが、下は18歳からで平均しても20〜24歳が非常に多いような印象を受けました。その中で「何故、売春婦という仕事を選んだのか?」という質問に、意外な答えが「学費が必要で売春をしている」もしくは「お小遣いが欲しく売春をしている」等の、日本では考えられない理由を述べています。

実際に売春婦に聞いた話では、1クラス50名ほどの中に5名ほどの売春婦がいるとの話で学生の10%は売春でお金を稼いでいる人も少なくないようです。スマートフォンが普及した現在ではTinder等の出会い系アプリが発達し、売春目的のゲストとの出会いが簡単になり、誰でもすぐ始められる環境が、売春を手軽になっているような気がします。

セブ島の学生売春婦に関する情報はこちらの記事に詳しく記載しています。。

セブの売春婦が話すHIV(エイズ)のリアルな怖い話

フィイリピン人の売春婦の値段

売春で最も、恐れなければならないことがHIVです。2016年12月にDOH(Department of Health)が発表したHIV感染者の数はフィリピンで9,264人。12月だけでも750人の人がHIV(AIDS含む)に感染しているとのことです。感染者が多いいのは若い世代とゲイがかなり多くアジアの中でもフィリピンはエイズ感染者の数はトップクラス。

この事は売春婦も存じており、極力コンドームの着用を指示しHIV感染を防いでいる様です。オーラルセックス時にもゴムを着用するなどかなり徹底している売春婦もおり、HIVに関しても実は知識はあるようです。

フィリピンのHIVに関する情報はこちらの記事に詳しく記載しています。。

フィリピン人のHIV(エイズ)の記事

フィリピンでHIV患者が続出・主な原因は売春

過去と現在の売春婦の出会い方の違い「アプリ4選」

スマートフォンが普及していなかった過去ではフリーランス売春婦はモーテル周りやナイトクラブに立ち売春行為を行っていましたが、現在はかなりの割合でスマートフォンの出会い系アプリケーションを利用して、売春までのやり取りを行っているようです。

フィリピン・セブ島の売春婦がよく利用する出会い系アプリは全部で4つあります。1つ目は、Meeffで中国人ユーザーがメインで登録しているフィリピンローカルのほぼ100%が売春婦です。

2つめはTanTanで、こちらは韓国人、日本人、中国人に人気の出会い系アプリです。こちらは売春婦も多いですが、見た目が女性のレディボーイも多いので気を付ける必要がります。

3つ目はTinderで欧米人を中心に日本人、韓国人にも人気です。こちらは売春婦以外にもローカルとの出会いもあるので、一番、無難な出会い系アプリかも知れません。

最後に4つ目がWeChatで「近辺にいる人を探す」機能で出会えます。ユーザーの大半が中国人とのことです。

セブ島・マンゴースクエアー周りの立ちんぼの売春婦は高確率でレディボーイ

セブ島マンゴーストリートの売春婦

売春婦と言えど、大きく分けて2つに分けられるのでないかと思います。1つ目は女性の売春婦で、2つ目は見た目が女性で体は男性のレディボーイです。フィリピン人は体型が小柄な事もあり、素人からすると売春婦が女性なのかレディボーイなのか見分けがつかないことも多々あります。

売春街で有名なセブ島のマンゴースクエアーですが、売春婦の中でも有名なほど、エリア内にはレディボーイの売春婦が多いとの話です。酔っ払い判断力が低下している間に、レディボーイと名乗らずホテルまで行くことも多々あるそうなので非常に注意が必要になります。

まとめ

フィリピン・セブ島は常夏で可愛い子も非常に多く浮かれた日本人を多く見かけますが、知識がないと痛い目に合うことがあると思います現在ではビキニバーのバーファインなどは高騰が続き、安くても4,500ペソなどとあまり安くありません。出会い系では1,000ペソからとかなり危険な匂いのする売春婦もいます。お金の価値だけ、そこには理由があると思いますので、ケチケチせずに楽しんでください。

-ローカル情報


  1. […] 【売春婦にインタビュー】フィリピン・セブ島の売春事情 […]

  2. […] 〜に通じない)、レストラン、マッサージ、コンビニ、ホテル、ローカルの食堂、街の人、売春婦、どこでも英語が通じます。英語のレベルは上記でも説明したように、幼い時から教育を […]

関連記事

セブ島・トップスの近くで射殺事件!!犯行理由が怖すぎる

2017年1月4日の午前中、セブ島・ブサイ地域(Busay)、ニベルヒルズ(Nivel Hills)近くで射殺事件がありました。容疑者は今も逃走中です。   トップス近くでモーターサイクルド …

手作りジャグジーが豪華すぎるゲストハウスのどか

以前ササセブでもご紹介したゲストハウスのどか。最近、自力でジャグジーを作ったそうです。またそれと合わせて現在、全部屋20%OFFのお値引きをしているそう。ゲストハウスのどかの良さと同時にご紹介します。 …

メトロ・アヤラが全焼した本当の理由

2018年1月5日午後9時半ごろ、セブ島のAyala Mall のMetro department store が火事になり、ほぼ全焼しました。メトロアヤラが火事になぜあったのか、その理由を考えました …

韓国人暴力団が現在セブ島に!! 韓国人誘拐殺人事件の裏幕 

2017年2月5日、ダバオを訪れていたドゥテルテ大統領が発言しました。「現在セブ島に韓国人暴力団がいる。奴らは麻薬、売春、誘拐などを行っている。マニラで起きた韓国人誘拐事件もおそらく奴らの仕業だ。」こ …

日本の組織力はもう古い。フィリピンの自己中心がこれから勝つ!

フィリピン人と日本人の能力どちらが上だと思いますか?日本人の方が経済を見てみると断然上かと思います。ただミクロの部分で観てみたら、もっと個人個人で観てみたらどうなのでしょうか?組織力、個人力。この2点 …