ヘッダー画像

手作りジャグジーが豪華すぎるゲストハウスのどか

以前ササセブでもご紹介したゲストハウスのどか。最近、自力でジャグジーを作ったそうです。またそれと合わせて現在、全部屋20%OFFのお値引きをしているそう。ゲストハウスのどかの良さと同時にご紹介します。

 

 

ゲストハウスのどか ってどんなゲストハウス?

そこにいて安心できる場所。それがゲストハウスのどかです。ササセブはオーナーご夫妻と個人的に仲が良く、たまに遊びに行く仲です。

 

ここの何が良いのか?と聞かれたら、関西出身の元気でおしゃべり大好きな奥さんと、大工の技術が半端なくて物事を理論的に考えるのが大好きな旦那さんのコンビネーションが半端じゃない。

 

旦那さんのタカシさんは頭が良くて基本的になんでもできてしまう何でも屋。ある程度なんでもできてしまう人って奥さんをリスペクトすることがあまりないんですが、旦那さんのタカシさんが奥さんのユカさんをものすごくリスペクトしている感が個人的には安心感をもらっている。というか絶妙な感じで奥さんのユカさんに支配されているコンビネーションも素晴らしい。

 

何でも屋のタカシさんといつも適切なアイディアと言葉でサポートするユカさん。そして、その意見をスゲー親身になって受け入れるタカシさんのコンビが「いいな~。」と思えるゲストハウスのどか。

 

それ以外にも、メシが。メシがウマい。セブで家庭的な日本のお母さんが作るメシって中々食えないんですが、ゲストハウスのどかではそれをいつも提供しています。「ちゃんと野菜食べなきゃ!」とこの前注意されて超安心しきってしまったササセブ。本当にいいゲストハウスです。

 

ちなみにゲストハウスのどかのお客さんは日本人だけでなく、フィリピン人のお客さんやヨーロッパから来るお客さんなど、インターナショナルなお客も多いいそうです。英語の勉強にもなるかもしれないですね。

 

自作ジャグジーが豪華すぎる

ジャグジーだけの利用もできて、ジャグジー+プール+ワンドリンクでたったの150ペソです。あったかいお湯ももちろんあります。ジャグジーは今月できたばっかりの出来たてホヤホヤでいい雰囲気が楽しめそうですね。

 

このジャグジーを見て「エロイな~」と思ってしまった方はきっとササセブの読者だと思います。(ササセブが変態なわけではない。)あたたかいお湯も出るので個人的に毎日ここに風呂入りに来ようと思っています。

 

マジかよ!って思ったのが、のどかのスタッフでこのジャグジーを作ったこと。もちろんジャグジー本体から作ったわけではないですが、横の木材の設置やデザイン、排水パイプの工事など自分たちでやってしまうところがマジでスゴい。

 

ご主人のタカシさんがなんでもできてしまう方で、最近は家の修理依頼など個人的に頼まれるほど工事の腕はプロフェッショナルなみだそうです。セブに在住で何か困っている方はのどかのご主人に相談すれば秒で直してくれるそうですよ!

 

 

 

全部屋現在20%オッフ~!!

現在、全部屋20%OFFをやっているそうです。聞いた話ではいつまでこの20%OFFを続けるか未定だそうですが、お得なことはお得なのでこのチャンスをお見逃しなく!

 

どっっさくさに紛れて、「昼飯一回奢ってくれませんか~~・・・??」って言ったら、「オッケー!!」って言ってもらえるかもしれませんね。(ササセブの勝手な思惑です。)

 

のどかの部屋の予約はエアビーやブッキング.comからできますが、のどかのホームページからも予約できるのできます。表示されている価格から20%OFFになるので是非ご予約してください!

 

 

ゲストハウスのどかのお部屋ご予約はこちらから!

 

まとめ

おさらいですがジャグジーだけの利用も可能で、この上の写真の滝付きのプールとその目の前にあるジャグジーで150ペソです。ドリンクも付くそうです。あまりセブでジャグジーに入れるところがないので格安でジャグジーとプールが同時に楽しめるゲストハウスのどか。是非行ってみてください。

関連記事

  1. ドゥテルテ大統領、日本訪問。来月も訪問か??

  2. セブ島マクタンブリッジ近くで船舶事故

  3. セブ島が大都市に!セブの最新建設情報5選

  4. セブ島で道を横切ったら罰金くらった件

  5. フィリピン・ミンダナオが今どんだけヤバいのか?

  6. フィリピン人の性欲って強いの?

  7. UberとGrabが7月27日からフィリピンで違法に?

  8. ミンダナオ過激派勢力問題解決へ前進か?フィリピン・イスラム過激派組織の歴史①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CEGA


Zen English

セブ島留学センター



人気の記事

  1. フィリピンでインフルエンサーマーケティング始めました
  2. とにかく安心感が半端ない・AYO AYO CAFE
  3. フィリピンが発展できなかった理由・セブの大学の先生に聞いてみた

アーカイブ

PAGE TOP