ヘッダー画像

セブ1美味いチキンショップ・TAGALA Chicken Butterfly

セブに限らずフィリピンではチキンを食べるというのがかなり一般的で、3食の食卓にチキンが1回は必ず出てくるほどフィリピンで愛されている食べ物です。ほかにもブタとライスが常に出てきます。今回は現地大学生のササセブが選んだセブで食べれるベストなチキンをズバリ一つだけ紹介します。

フィリピンのチキンの偉大さ

フィリピンではチキンを3食中1回は食べるとご紹介しましたが、ここではチキンを安くどこでも買える環境があるのです。日本でチキンを食べるとなるとケンタッキー(フィリピンにももちろんあります)かファミマのファミチキくらいかと思います。まずフィリピンにどれだけのチキンのお店があるのか少しですがご紹介します。

セブのマクドナルドにチキンがある

チキン

日本のマクドナルドにはバーガーとポテトがというのが一般的ですがフィリピンにはマクドナルドにチキンがあります。そしてご飯もあるんです。私もフィリピンで最初にマクドナルドで食事をした時はかなり驚きでした。「マックにご飯がある・・・。」逆にフィリピン人の友達はマクドナルドにはご飯があるのが当たり前だと思っており、日本にご飯は無いと言うとかなり驚いていた。という話が私のフィリピン・マクドナルドのデビュー戦でした。

セブのチキンショップはこんな感じ

チキンショップ

picture by wish you were here

チキンショップと要約してしまいましたがこのようなお店がセブには沢山あり1キロ範囲に必ず1件あるくらいの割合で見つけることができます。これは大体1羽170ペソくらいから買うことができて、意外と美味しいです。私も誕生日やクリスマスの時はこのチキンを丸ごと買います。

セブで食べれるから揚げ

唐揚げ

キングオブチキン in セブ TAGALA Chicken  Butterflyとは?

TAGALA Chicken  Butterfly

私はフィリピンの生活はそこまで長いわけではありませんが、どんな日本人よりローカルな食事をしてきました。大学の昼食は1食20ペソ(約50円)くらいです。これは大学の学食ではなくコロン地域の超激安店での価格です。そんな中、私の学校の近くでかなりうまい、正直今までセブでチキンを沢山食べてきましたが1口食べてこれはベストだ。と思ったチキン屋を特別にご紹介します。

TAGALA Chicken Butterflyの様子

TAGALA Chicken  Butterfly

値段は1つ45ペソとローカルにしてはかなり高めの値段設定です。通常は20ペソくらいで買えるので倍の値段。しかし、食べてみるとその値段に納得してしまう味でした。食レポですがチキンに味がしっかり付いていてかなりジューシー。個人的に「フィリピンはチキンいっぱいあるけどファミチキの方が全然美味いよな~」といつも一人で思っていたのですが、TAGALA Chicken Butterflyはファミチキを上回りました。

伝説のジューシーチキン

伝説のジューシーチキン

秘伝のタレ

秘伝のタレ

そしてここのお店の特徴がTAGALA Chicken Butterfly秘伝のタレを使っていることです。通常なら醤油とお酢を混ぜたものにチキンを浸して食べるのですがここのソースは若干辛くて若干酸味があってチキンの味がより引き立つ絶妙なソースです。店主曰くこの秘伝のソースがこの店が人気の理由なんだとか。

TAGALA Chicken Butterflyの店内の様子

店内の様子

狭い道を歩いていきこれがTAGALA Chicken Butterflyの玄関です。オレンジ色の看板が印象的です。

店内

店内

店内

店内

自分はだいたい12時くらいにいつも行きますが12を過ぎると続々とお客さんがやってきて昼のピーク時はいつも満席です。オススメは混んでますが12時ごろに、もしくは12時ちょっと前に行くとアッツアッツのTAGALA Chicken Butterflyジューシーチキンが食べれます。値段は45ペソ!

オープンキッチン!!

キッチン

2015、2016年のセブのベストオブチキン

ベストオブチキン

私の味覚は間違っていませんでした。TAGALA Chicken Butterflyは Sun Star(セブの新聞会社)が選ぶ2015、2016年のベストオブチキンに選ばれています。この Sun StarのBest of Cebuの表彰ポップは市内でもたまに見ることができ本当にウマイ所しか選ばれていません。こんなコロンのドドローカルな場所にあるTAGALA Chicken Butterflyが選ばれるという事はいかにここのチキンがベストなのかということが伺えますね。

TAGALA Chicken Butterflyの場所

場所はカルボンマーケットの目の前にあるセブの有名大学・University of San Jose Recoletos(サンホセ大学)の近くにあります。サンホセ大学の反対側にTAGALA Chicken Butterflyがあるのですが、ちょっとローカルすぎるところにあります。

①サンホセ大学の入り口を背にして道を横断します。ちょっとローカルですが歩道部分を10メートほど歩く。

サンホセ大学の向かい側の建物。この下の歩道です

歩道

この道を10メートルほど直進

道

②進んで行くと地図で示しているDe Luxe Hopia Bakeryの看板が左側に見えます。(左の上の方にあって白い看板です)そのすぐ左側になんだかかなりローカルそうな細い道があるのでそこを10メートルほどまっすぐ行ったところの左側にTAGALA Chicken Butterflyがあります。

De Luxe Hopia Bakeryの看板

看板

この道を直進

道
TAGALA Chicken Butterflyに向かう道
道

実はこの一帯はサンホセ大学の学生が昼食によく行く場所で私もほぼ毎日ここで昼食を食べています。ここには1つ3ペソのシューマイなど超格安の食事が楽しめます。一食の食事はだいたい20~50ペソが相場です。是非、日本では絶対体験できないこの味と雰囲気を楽しんでください。

まとめ

まとめ

セブの大学で勉強を始めて現地の学生と一緒に昼食をしたりサッカーをしたりする楽しいキャンパスライフを送っています。ただ、学生たちが食べているのは一食20~40ペソほどの食事。結構案外美味しいのですがこれがフィリピンの学生達のリアルな様子です。20ペソ(約50円)は日本ではコンビニでコロッケが買えるか買えないかの瀬戸際の値段ですね。

学生たちの月のおこずかいは生徒に取りますが、私の大学では2000~4000ペソが一般的です。食費はぶっちゃけかなり抑えられることができるので昼食はこのような安い所で食べるのが普通です。(一応学食もあります(マズいです)

だいたい大学の近くにあるこの様なお店は格安店ばかりなので興味がある方は是非トライしてみてください。

関連記事

  1. フィリピン・ネグロス島ドゥマゲッティの第二次世界大戦博物館。しかも触検可能!

  2. セブ島でデートに誘うならここ!第一弾

  3. フィリピン人はなぜ毎朝髪が濡れているのか?

  4. セブで最新トレンドファッションを買うなら・Common Ground

  5. セブの金持ちが集まるカフェ・Caffe Sarree

  6. 女性必見!セブ島で格安”kawaii”洋服を買うならE-mall

  7. セブ島で50円でフローズンヨーグルトが食べれる

  8. セブでブタの脳みそトゥスロブワを食べるなら・Azul

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 05日

CEGA


Zen English

セブ島留学センター



人気の記事

  1. フィリピンでインフルエンサーマーケティング始めました
  2. とにかく安心感が半端ない・AYO AYO CAFE(アヨアヨカフェ)
  3. フィリピンが発展できなかった理由・セブの大学の先生に聞いてみた

アーカイブ

PAGE TOP