ヘッダー画像

英語力0の人がセブ島留学中に必要な3つの事

英語力0でセブ島留学に来て全く英語が分からない。そんな方にBe動詞から英語を勉強したササセブがどのようすれば英語が出来るようになるのか教えます。とにかく英語で会話が出来るようになりたい、そんな方向けです。

 

 

英語力0の人がセブ島留学中に必要な3つの事

英語力0の方が英会話をできるようになる3つの事は、①文法は助動詞まで勉強する、②先生を上手く利用する、③学校の外で会話する。です。

 

英語力0でセブ島留学に来て、自分が全く英語が理解できなくて焦っている方。少しはいるかと思います。私も2年前にセブ島留学した時は英語が全くできず、Be動詞からセブで英語を勉強したのが最初でした。現在はセブの大学で国際学を勉強しています。

 

3カ月くらい語学学校で勉強していれば英語は喋れるようになってきますが、今回より効率よく、英語初心者の方が英会話を習得する方法を教えます。

 

 

文法は助動詞までマスターする

文法を助動詞までマスターしていれば英会話力は簡単に伸びます。理由は、そもそも会話というのは疑問文から始まることが多いいです。「今日何してるの?」、「どこ出身なの?」、「何カ月セブにいるの?」など。(ちなみにこのワードは留学中よく聞かれます)

 

英語を話す時、英語で疑問文を喋る時一番重要になるのが助動詞です。「What, How, When, Where, Can…」など。助動詞の仕組みを理解していれば、英語で疑問文が作れる=英語で会話をスタートできる。ということに繋がります。

 

後の関係代名詞、過去分詞、受動態などは会話で使うこともありますが、使わなくても会話をすることもできます。まずは助動詞まできっちり文法を理解し、それを意識して使っていく事。これが英会話をする上で重要な一つです。

 

留学中、助動詞などの文法の勉強法は色々ありますが、文法は自分で、日本語で勉強した方が良い。と言うのが私の持論です。文法を中心に留学中の勉強法を教えます。⇩

 

 

先生を上手く使い分ける

英語初心者の方は「英語をどの様に勉強したらいいか分からない。」と言うのは悩みの一つかと思います。先ほど文法は助動詞まで勉強していたら良い。今回は会話向けの記事なので会話に必要なフィリピン留学中の文法の勉強の仕方を教えます。

 

文法を英語を英語で学び、それを理解するのにはかなりの時間がかかります。なので基本的に文法は日本の参考書やネットの情報で学んだ方が効率がいいです。そして分からない事、微妙なニュアンスなどを先生に理解するまで聞きまくることがかなり重要です。

 

例えば、Will と Wouldの違い。文法書を見て、「これはどちらも未来を表す助動詞なのか!」と理解しますがこれをどうやって使い分けるのかが分からない。それを語学学校の授業で先生に聞くのです。

 

私が貰った答えは「Would は可能性が低い未来。ジョークを言う時にありえな未来のことを表現する時に使うもの。Will は実際にありうる未来の事を表現する時。」例えば、彼女がフィリピンにいて自分は日本にる遠距離恋愛。彼女にクソ会いたくて、「お前に会いに日本からフィリピンへ走っていくよ!」とジョークを言う時、

 

「I would run to the Philippines to meet you baby!!」と、絶対にありえない未来を表現する時にはWill よりWouldの方が良い。という風にフィリピン人の講師に習って初めてこの違いが分かったのです。こういった微妙なニュアンスは英語脳が備わっていない日本人に聞くより、英語が堪能な先生に聞くことでニュアンスで文法理解をすることが可能になります。

 

 

外に行ってフィリピン人と会話する

語学学校では文法や会話フレーズなど英語の基礎的な部分が学べますが、それを日常生活で使わないと意味がありません。語学学校の先生は「ジャパニーズイングリッシュ」に慣れているので、どんな悪い発音でも聞き取れてしまうことが良い点でもあり、悪い点でもあります。

 

「先生の言っていることが分かるようになってきた。」「先生と会話が出来るようになってきた。」と思えるようになったら、積極的に学校の外で友達を作るなどしてリアルな場面で英語を使うようにした方が良い。

 

私は留学して3カ月くらいで、ある程度の基礎的な会話が出来るようになり、一人でセブの町を歩きまくり、ローカルのフィリピン人の友達を沢山作りました。それはフィリピンの文化を知るため、と言う意味合いと自分から英語を使う場所を作り出すためでした。

 

ローカルのフィリピン人は語学学校の先生とは違い、英語の発音もフィリピンイングリッシュなので聞き取りにくさはありますが、「英語を喋る。」といった点ではかなり勉強になりました。私は6か月間セブ島に留学していましたが、スピーキングの分野だけはローカルのフィリピン人の友達と毎日喋っていたのでかなり向上したことを実感しました。

 

もし、フィリピン人の友達が欲しい!フィリピン人の友達を作って英語を上手くなりたい!と思う方はササセブが紹介できるのでお気軽にご相談ください!

 

まとめ

英会話と言うのはある程度の文法(助動詞まで)、その文法の使い方を知る、会話をしまくる。といった3つの事をすれば誰でもある程度は喋れるようになります。自分も最初は英語が全く喋れなくて自己紹介もまともにできませんでしたが、自分の殻を破って沢山のフィリピン人と関わったことでスピーキングの分野がかなり向上しました。

 

英会話の能力を上げたいと思っている方、英語力0で苦しんでいる方、是非ササセブが6か月の留学で実施した方法を取り組んでください!

関連記事

  1. 金持ちのフィリピン人の5つの特徴・金持ちは2パターン

  2. フィリピン人のここがスゴイ2つ

  3. セブ島留学中にすべき3つの事・超上級編

  4. フィリピンの緊急時911は使えるのか??

  5. なぜフィリピン人はATMの前に長蛇の列を作るのか?

  6. レイテ島でM6.5の地震・セブの大学は休校

  7. フィリピン人がゲップをしまくる理由

  8. フィリピンに大地震予報・異常現象が続く

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CEGA


Zen English

セブ島留学センター



人気の記事

  1. フィリピンでインフルエンサーマーケティング始めました
  2. とにかく安心感が半端ない・AYO AYO CAFE(アヨアヨカフェ)
  3. フィリピンが発展できなかった理由・セブの大学の先生に聞いてみた

アーカイブ

PAGE TOP