セブ島レストラン ローカル情報

現地大学生のフィリピンお勧めローカルフード5選

投稿日:2017年2月9日 更新日:

フィリピンの食べ物って美味しいの?とよく聞かれますが、私が決まって答えることは「美味いところは美味い。マズいところは吐くくらいマズい」という答え。人気がある高級レストランに行けばもちろん美味しく食べれますし、かえってローカルな食べ物を挑戦しよう!!として大外れを引くこともよくあります。今日はフィリピン初心者の方、フィリピンのことをあまり知らない方に現地で食べられる美味しいローカルフードをご紹介。

 

1. ブコパイ

ブコ(Buko)と聞いてピンとくる方はあまりいないかと思いますが、ブコとはフィリピン語でココナッツのことを意味します。なので別名ココナッツパイ。中にはココナッツがギッシリ詰まっていて甘い味なんですが外側がサクッとしていてとても美味しいパイです。セブで有名なお店はColette’sというお店です。店舗はSMモールの中に小さいお店があります。

 

Colette’s

 

Colette’sのブコパイの値段

  • 1ピース:23ペソ(約50円)
  • 1ホール:180ペソ(約400円)

場所:SMモール

 

ワンランク上のブコパイ

更に美味しいブコパイが食べたい方はマクタン島のマリバゴというところにjumbo nail caféというのがあるのでおススメです。こちらのお店のブコパイはお店独自のレシピのもと作っていて味のクオリティが違います。大きさが少し小さめなので1人か2人で1ホール食べるのがお勧めです。値段は1ホール130ぺソと大きさの割には高めですが味は保証できるほど美味しいです。セブでブコパイを食べるならここjumbo nail caféがお勧めです。

 

詳しくはこちらのサイトに載っているので見てください

~マクタン島のネイルカフェ・jumbo nail cafe/ Buko pie~

 

2. ブコジュース

次に紹介するのがブコジュース。もちろんブコ(ココナッツ)をナイフで切って直接飲む方法もあります。よくストリートでブコが売っていて大体25~30ペソで、その場でブコをナイフで切り、その場でストローで飲み干すことを私もよくやっています。ブコは体に良く、体の中の毒素やお腹の中を綺麗にする効果があるそうです。

そして是非皆さんに飲んでもらいたいのがこのブコジュース。中にはミルクとブコジュースをミックスさせ、更にココナッツをスライスしたものが入っています。味は甘くてキンキンに冷えていて最高に美味しい!。よく道端で見かけたら買ってしまう飲み物です。実は家には大量に冷蔵庫にストックがあるのですが・・。

 

ブコジュースの値段

値段:12~15ペソ(約30円)

場所:ストリート

 

3. BBQ

なぜBBQを紹介するのかというと、とにかく安いんです。しかもフィリピンではこれは一般的でみなさん週1でBBQを食べます。私たち日本人の感覚では焼き肉は月に一度、お給料日の後とかなんだとか思いますが、ここフィリピンではBBQがいったるところにあるんです。とにかくローカルな道に行くとその辺でお肉を焼いてる光景を見るのはもう日常茶飯事。

しかも、前にも言いましたがとにかく安い!!豚肉の串が1つで10ペソ(20円)とかなりお得。大体、BBQに食べに行くと一人のお会計は50~100ペソ以内に抑えられるのです。私も週3くらいのペースでBBQに通っています。

 

BBQの値段

値段:1つ 8~10ペソ(約20円) / チキンや大きいものは20ペソ

場所:有名どころはラーシャン(Larsian )がおススメです。

 

セブの有名BBQスポット・ラーシャン

ここはセブのオスメーニャサークルの近くにあるBBQの激戦区です。ショップが20個くらいかたまっていて、いわば肉の戦場。スタッフはお客さんの取り合いで常に24時間にぎわっています。ここのBBQは若干高めなのですが味は美味しくて評判がいいです。

 

中心にある焼き場

 

ラーシャン(larsian )の場所

営業時間:24時間

注意事項:人が多いいのでスリには気をつけましょう。

 

4. ピザコーン

これはちょっと新しい発想だなと思って食べたら意外と美味しかったので今回ご紹介します。名前の通りこれは”コーン型をしたピザ”です。外側はピザ生地でカリカリとしていて中にはちゃんと下までチーズは具がたっぷり詰まっていて食べて飽きない食べ物です。SMモールの中に小さい店舗があり食べ歩きながらショッピングをするにはちょうどいいサイズですね。

 

おそらく去年くらいからSMモールに加わってかなり新しいお店です。値段も1つ55ペソでとてもお買い得なのでSMモールに行ったときは毎回買ってしまいます。最近は結構人気なのか行くと大体売り切れ状態になっています。オススメはBeef Mushroomです。是非トライしてみてください。

 

メニュー表

 

料金:55ペソ(約110円)

味:Beef Mushroom/Hawiian/chikenBBQ/Meaty Pepperoni

場所:SMモール

 

5. コーン

最後は完全に自分の好みになってしまったのですがご紹介させて頂きます。見ての通りトウモロコシです。おもにこちらはコロンストリートで購入することができ、コロンストリートに行ったときは必ずこれを食べながら歩いています。値段も10ペソとかなりお得です。

 

この黄色いソースはいったい何なのか分かりませんがわざと聞かないようにしています。ちょっと酸っぱいようで甘いようで聞いてしまったら今後食べれなくなるかもしれないので今回このソースは秘伝ソースということにしましょう。コロンストリートだけではなく、ローカルなエリアでは必ずといっていいほどコーンが売られているので見かけたかたは是非トライしてみてください。ちなみにこのトウモロコシを丸ごと食べることも可能です。

 

 

 

 

-セブ島レストラン, ローカル情報
-,

関連記事

セブの築地市場・パシルの魚がウマかった

皆さんのセブのイメージは何でしょうか?キレイな海に白い砂浜のビーチ、片手にはココナッツジュースでしょうか?こんなにも海がキレイなのに皆さん何故かセブで魚を食べるという概念が無いかと思います。そりゃ、小 …

セブで一番ウマいポンコポンコ・ローカルフード

ポンコポンコ。フィリピンのローカルでは誰もが知るローカルフードの屋台。日本人には抵抗があるローカルフードですが、今回セブで一番ウマいポンコポンコ屋を紹介します。

京都のお茶・d:matcha(ディーマッチャ)がセブ島に初上陸!

2018年6月1日にセブ市内にあるロビンソンガレリアモールにd:matcha(ディーマッチャ)が海外第一号店をオープンさせます。京都の和束町から本物のお茶を世界に広めるd:matchaのセブ店オープン …

セブの隠れた人気レストランカフェ・Cio’s Kitchen

Cio’s Kitchen(シオズキッチン)はセブ島のマンゴーストリート付近にあるレストラン。ボリューミーなバーガーが食べれるお店として人気。ゆっくりランチをしたい方、ワンランク上のファス …

バロットとは?けっこう調べてみた

フィリピンの国民的フード・バロット。フィリピンのストリートフードの代表的な食べ物です。今回、バロットの事、歴史など細かく調べてみました。