セブ島レストラン

誰も知らない隠れたコーヒーの名店・Coffee Madness

投稿日:2018年7月31日 更新日:

セブは今、空前のコーヒーブームですが、その火付け役と言っても過言でないのがCoffee Madness(コーヒーマッドネス)で、どこよりも美味しいコーヒーを飲みたい方は是非、一度は足を運んで頂きたい名店です。Coffee Madnessは、都会の喧騒を忘れられる非常に良い環境と家族経営の明るい接客で癒やされること間違いなしです。

スポンサードサーチ

日本人はまだ知らない隠れたコーヒーの名店・Coffee Madness

2012年の9月にセブのリロアンにオープンしたCoffee Madness(コーヒーマッドネス)は知る人ぞ知る隠れたコーヒーの名店です。Coffee Madnessは古民家を改築したかのようなスペースにカフェを構え大きな庭があり非常に心地の良い空間になっています。またCoffee Madnessはセブシティから車で1時間半くらい離れるので、都会の喧騒を忘れるのにとてもピッタリな場所だと言えます。

Coffee Madnessは家族経営で、伸ばした髭がトレードマークのオーナーでありバリスタの父親を中心に子供達も一緒に働いています。家族経営ならではの温かい接客に心を奪われホッとした気持ちでコーヒーを頂くことが出来ます。営業時間は23時までと遅く夕食後に訪れても良さそうです。

Coffee Madnessにはコーヒーと一緒に頂ける簡単なスイーツもあり女性に人気が高いです。またCoffee Madnessの店舗の敷地内にピザ屋もあるのでお茶だけの利用だけでなく、ディナーに来ても良さそうです。

Coffee Madnessは世界中からこだわり抜いたコーヒー豆が揃い、洗練された手法でコーヒーを提供して頂けるので、きっとあなたも満足行く一杯が飲めると思います。

Coffee Madnessの店内の様子

店内の様子

Coffee Madness(コーヒーマッドネス)は壁がなく吹き抜けで、手入れがされた大きめの庭に囲まれ非常に居心地の良い空間になっています。Coffee Madnessの周りには高い建物が無く、また歩いて20分ほどの場所に海がある為、ちょうど良い風が吹きます。夕方から夜にかけて雰囲気の良い照明も灯るのでデートの利用にも良さそうです。屋根があるので雨でも利用できますが、豪雨の際はオススメできません。

Coffee Madnessのカウンターの様子

Coffee Madnessに着いたらまず、このカウンターでオーダをしましょう。何を頼んでよいかわからない方は、長い髭がトレードマークがオーナーに相談してみると色々、教えて頂けます。コーヒー豆の種類もありますので、好みに合わせて作って頂けます。ちなみに、右手に見えるピンクのお店がピザ屋になります。

Coffee Madnessのメニュー

Milky Way(140ペソ)

Coffee Madness(コーヒーマッドネス)で今、飛ぶように売れている商品が、このMilky Wayです。ミルクと蜂蜜、コーヒーがブレンドされた飲み物で、ちょうどよいサイズ感です。Milky Wayは冷蔵庫に常備してあり、オーダーしてすぐ出てきます。これと同じパッケージで、Black Holeと言う飲み物は、チョコレートとミルクを併せたミロの様な味わいで甘い物好きな方にオススメします。

Coffee Madnessのメニュー表

Coffee Madnessの場所・営業時間・電話番号

Coffee Madness(コーヒーマッドネス)はセブ・ノース・コースタル・ロードから少し入った路地の途中にあります。セブシティから渋滞が無い場合で一時間ほどでアクセスできます。Coffee MadnessはアドベンチャーパークのPapa Kit’s Marinaから車で10分ほどの場所に位置します。Coffee Madnessは少し入り組んだ場所にありますのでGoogle Mapをガイドに行くことをオススメします。

Coffee Madnessの営業時間・電話番号

電話番号:0916-576-8573
営業時間:火〜木曜 15:00〜21:00 (月曜定休)
金〜日曜 15:00〜23:00

facebook
Instagram

まとめ

たまにはセブシティから遠出してコーヒーを飲みに行く休日もありだと思います。自然と調和が取れた環境で、優しい人に囲まれ、拘りの極上のコーヒーをCoffee Madnessで頂けば、間違いなく幸せな時間を過ごせると思います。都会の喧騒を忘れゆっくりとした時間を過ごすのもたまには良いのではないかと思います。極上のコーヒーをCoffee Madnessで頂きましょう!

-セブ島レストラン
-, ,


口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セブ島100ペソ以下のレストラン4選. 20ペソから

フィリピンと言えば安い!というイメージの方は多いいかと思いますが、実際マクドナルドやJolibee(ジョリビー)、モールのレストランに行くと以外と値段は日本と変わりません。日本だって牛丼が250円くら …

セブ・誰も知らないバッチョイハウス本店

バッチョイ(Batchoy)とはフィリピンのラーメンです。豚かビーフベースのスープに細い麺。格安で食べれるフィリピンのラーメン。今回セブで流行っているバッチョイ屋の本店をご紹介。

セブでお洒落なカフェ飯食べるなら・Bicester Cafe

Bicester Cafe(ビスターカフェ)はセブ島・ITパーク周辺にあるカフェ。日本のカフェ飯を再現するかのようなおしゃれな雰囲気、食事が楽しめます。値段もお手軽で一人でもデートにも使えるカフェです …

セブ・ラーメン巡り第4弾. YU-YU-TEIのラーメンはウマいのか?

セブのラーメン巡り。今回で4本目になりました。前回は金欠の為、150ぺソで食えるラーメン・RAMEN DOJOに行ってきました。今回は日本人経営のラーメン屋YU-YU-TEIが今月20%OFFイベント …

地味にウマいセブのプチローカルフード5選

ササセブではセブのローカルフードを紹介してきましたが、今回はプチローカルフード。ここのお店のあれがウマい!といった感じでご紹介します。   スポンサードサーチ 地味にウマいセブのプチローカル …