ローカル情報

セブローカルの若者に流行中の指スケ専門店・BLACK MARKET

投稿日:2018年7月30日 更新日:

セブシティのローカルの若者層を中心に流行しているのが指スケこと「フィンガーボード」です。セブではフィンガーボードの大会が開かれるほど勢いがあります。今回はセブシティ唯一のフィンガーボードショップ・BLACK MARKET(ブラックマーケット)をご紹介致します。

スポンサードサーチ

セブローカルの若者に流行中の指スケ専門店・BLACK MARKET

日本でフィンガーボードが流行したのは10年以上も前の話で、日本人の誰もが忘れかけていたフィンガーボードが今、セブの若者層を中心に密かなブームとなっています。2018年5月にオープンした、フィンガーボードの販売とフィンガーボードが遊べるランプを常設したお店がBLACK MARKET(ブラックマーケット)です。

セブの若者にフィンガーボードが人気な理由は、BLACK MARKETに常設してあるランプが無料で使えることが一つの理由です。要は個人でフィンガーボードを所有していれば、そこまで出費すること無く楽しく遊べるのです。

BLACK MARKETがあるエリアは庶民の買い物天国・コロンマーケットからほど近い場所に位置し、BLACK MARKETの顧客はローカルしか居ないと言っても過言では無さそうです。BLACK MARKETで不定期に開かれるフィンガーボードの大会は毎回、30名ほどの参加者でお店は人でごった返すそうです。

BLACK MARKETはフィンガーボードの販売をメインに、アパレルも展開しています。BLACK MARKETのオリジナルブランド・Modernをメインにセブローカルのアパレルブランドを取り扱っています。フィンガーボードに興味がなくても服を見にBLACK MARKETに訪れるのも良いかと思います。

BLACK MARKETの店内の様子

BLACK MARKETの店内の様子

BLACK MARKET(ブラックマーケット)の店内に入ると大きめのランプが2台常設で置いてあり、カウンターには商品のフィンガーボードが沢山並んでいます。ランプの使用料金は無料で、自分のフィンガーボードを持参するか、BLACK MARKETで購入するのもオススメです。腰を掛けられるソファーベットもあり、フィンガーボードに遊び疲れたら座れるスペースもあります。店内はエアコンが無いので猛暑の日に訪れることはオススメできません。

BLACK MARKETの店外の様子

BLACK MARKETの黒いドアに貼られた420は意味深で分かる人にだけわかる暗号になっているとのお話です。外壁に描かれているキノコも気になり話を聞いたところ、マジックマッシュールームなどの販売は、無論行っていないとの話でした。一見、怪しい雰囲気のお店ですが店員やお客さんは皆、良い人ですので安心して来店してみて下さい。

BLACK MARKETの取扱商品

 

気になるフィンガーボードの値段ですが、最もベーシックなもので800ペソ、拘ったデザインのものは1,500ペソと予算に合わせて購入することが出来ます。またフィンガーボードのパーツも販売されているので、自分らしいカスタマイズも出来ます。フィンガーボード用のレールなども販売されており、自宅に持ち帰って練習することも出来ます。

BLACK MARKETでは、フィンガーボード以外にもTシャツの販売をしています。オリジナルブランド・Modernをメインにセブローカルのアパレルブランドを取り扱っています。BLACK MARKETはセブのアパレルショップ・Sixthousand Promotionの姉妹店で、こちらのセレクトしたものが置かれています。Tシャツの価格はローカル設定で500ペソ前後で購入しやすいのでお土産にもオススメできます。

BLACK MARKETの場所・営業時間

Google MapではBLACK MARKETが検索できませんが、十字路の角にBLACK MARKET(ブラックマーケット)があるので見つけやすいと思います。大通りのイマス・アベニューから2本路地を言った十字路の角にBLACK MARKETがあります。

BLACK MARKETの場所・営業時間

住所:A. Bonifacio 115, Cebu City

営業時間:13:00〜22:00(定休日無し)

facebook

まとめ

セブのローカルに混ざってフィンガーボードを始めれば人気者になれるに間違いなしです。BLACK MARKET(ブラックマーケット)はオープンして間もないですが、既にローカルの若者で溢れているので今後が楽しみです。まずはBLACK MARKETのfacebookからフィンガーボードの大会日時を調べて訪れてみるのはいかがでしょうか?きっとあなたもフィンガーボードに魅了されるでしょう。

-ローカル情報

関連記事

ミンダナオ過激派勢力問題解決へ前進か? フィリピン・イスラム過激派組織の歴史②

フィリピンの過激派組織 MNLF/MILFの歴史つづき 1986年のARMM(イスラム・ミンダナオ自治地域)の加入に大失敗になかなかこの内戦に終止符を打てない政府は、1993年、ラモス政権がMNLFと …

ドゥテルテ大統領、東シナ海問題触れなかったけど中国訪問は成功?アメリカから離脱??

「アメリカとの関係を離脱(軍隊や経済面も)」するとドゥテルテ大統領は中国で述べました。これは世界各国で報道され、一時フィリピンペソが大幅に下落しました。しかし、ドゥテルテ大統領は東シナ海問題については …

セブ・セブンイレブンジュース11選 本日のジュース

SASACEBUのツイッターをいつも見てくださる方は知っているかもしれませんが今 ”本日のジュース” と言った感じで、ほぼ毎日違うジュースを飲み、それをササセブのツイッターで簡単に紹介しています。(セ …

警告!!セブ島南部にテログループから拉致計画の報告!!

11月5日、テログループがセブ島南部へ誘拐計画をしているというニュースが入ってきました。アメリカ大使館や日本大使館もメールでこの緊急通達に対応しています。 3週間前ほどから6人がマニラで誘拐されたこと …

なぜマルコスは埋葬されたのか?マルコス一家とドゥテルテは親友だった?フィリピン国民の声を現地から

現在フィリピンではマルコスを英雄墓地に埋葬するかしないかでフィリピン国内はもめています。結局11月18日に埋葬は裁判所で決定されましたが、今現在もデモ活動などマルコス埋葬反対運動が各地で見られます。  …