ヘッダー画像

セブで髪を切るならここBRUNO’s BARBERS

セブに留学している方やビジネスなどで長く滞在している方が結構悩むことがあります。それが散髪。一応日本人が切っているDONNAという美容室がJYモールにありますがカットが1200ペソ(約3000円)とフィリピンで切るにはかなり高めです。もちろん日本人の金銭感覚だと打倒な金額ですが。今回は安くカットの質が高い所をご紹介します。

 

セブで髪を切るならここBRUNO’s BARBERS

フィリピンでの平均カット料金は50ペソ~100ペソと日本と比べると激安なんです。私自身25ペソの超格安超ローカルな床屋で髪を切ったことがありますがパイナップルのような上方になり、髪が伸びるまで毎日帽子をかぶっていたことが良い思い出です。格安のお店はおそらくトレーニングは特にしていなくハサミも”紙”を切るようなハサミで最悪な良い経験ができるでしょう。

今回ご紹介するのはフィリピンでは上流階級の方々が切りに行く床屋BRUNO’s BARBERSです。理容師さんたちはみんな経験10以上のベテランのみでちゃんとトレーニングをしているので私は毎回満足しています。

ヘアーカット

フロント写真

 

サイド写真

オーダーはもちろん英語ですが理想の写真を持っていくと分かりやすいかもしれませんね。自分はいつも細かく指定しますがちゃんと細かいところまで切ってくれます。

 

店内の様子

散髪台

 

洗い台

 

散髪の様子

店内はとてもキレイでキッズの切るカワイイ席もあります。

 

BRUNO’s BARBERSの値段表

メンズカット&シャンプーは280ペソ(約600円)とかなりお得です。日本の1000円カットはシャンプー無しでいまいちな仕上がりですが、BRUNO’s BARBERSの方がクオリティが高くてシャンプー、ヘアカラー、スクラブもあります。一つ欠点がシャンプーが真水で下手くそのこと。日本の美容師はシャンプーの練習をかなりやらされるくらいなのでとても気持ちがいいのですが、ここの部分は期待しないようにしてください。しかしカットが終わった後5分ほど肩や頭をマッサージしてくれます。

 

BRUNO’s BARBERSの場所・営業時間

BRUNO’s BARBERSはセブに3店舗あり、Ayalaモール、SMモール、SMシーサイドの中にあります。Ayalaモールがセブでは最初の支店で次にSMモール、SMシーサイドの順です。理容師さん達はSMシーサイド店が一番経験がなさそうですがみんな少なくとも10年近くの経験があるのでご心配なく。

 

BRUNO’s BARBERS Ayalaモール店

場所はAyalaモールの地下1階に位置するフロアでMetro BankやBPIがあるところにあります。

営業時間:10:00am~9:00pm

電話番号:032-232-4380

 

BRUNO’s BARBERS SMモール店

場所はSMモールの2階のノースウィングにあります。この辺りには沢山美容室が並んでいます。

営業時間:10:00am~10:00pm

電話番号:032-268-9087

 

BRUNO’s BARBERS SMシーサイド店

場所はSMシーサイドの3階にあります。このお店周辺にもいくつか美容室が並んでいます。

営業時間:10:00am~9:00pm

電話番号:032-254-9199

 

まとめ

BRUNO’s BARBERSは私がセブで髪を切ってきた中で一番クオリティが高い床屋です。美容室ではありませんが女性の方を切っているのを時々見かけます。髪を切りに来るお客さんは大体上流階級のフィリピン人ばかりで店内はバカ騒ぎするフィリピン人はいません。英語で説明するのは少し難しいですが写真を見せるのが一番いいかと思います。上記の写真のように2016年のNo.1に選ばれているBRUNO’s BARBERS。SASACEBUおススメの理容室です。

 

関連記事

  1. 映画160ペソで観るならコロン・ORIENTE

  2. バジャウ族に住む日本人・松田大夢の家で寝てみた

  3. セブ島で大きなサッカー大会開催予定!子供から大人まで!!

  4. セブ1美味いチキンショップ・TAGALA Chicken Butterfly

  5. セブの築地市場・パシルの魚がウマかった

  6. オランゴ島バイクツアー

  7. フィリピン・セブ島のチップ相場まとめ

  8. フィリピン人はなぜ毎朝髪が濡れているのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CEGA


Zen English

セブ島留学センター



人気の記事

  1. フィリピンでインフルエンサーマーケティング始めました
  2. とにかく安心感が半端ない・AYO AYO CAFE(アヨアヨカフェ)
  3. フィリピンが発展できなかった理由・セブの大学の先生に聞いてみた

アーカイブ

PAGE TOP