ヘッダー画像

フィリピン・セブ島のチップ相場まとめ

フィリピン・セブ島に旅行に来たときチップでどのくらい払えば良いのでしょう? 相場の金額を知らなくてぼったくられてしまってはせっかくの旅行が台無し。今回フィリピンのセブ島ではいくらチップを払えばいいのか?相場がいくらなのか?をそれそれの場所、シーンに分けて紹介します。事前にセブのチップ情報を学んで、あなたがセブに来た時に、気持ちよく払いすぎない適切な金額のチップを払えるように勉強していきましょう。

スポンサードサーチ

そもそもセブ島でチップは必要なのか?

セブ島では基本的にはチップを払う必要性はありません。これはフィリピンが日本と同じでそもそもチップのない文化の社会だからです。しかし、個人的に気分の良いサービスをしてもらったり、期待以上のサービスを受けたとき、必要以上の仕事を受け持ってくれたときなどには、お気持ち程度にチップを払ってあげるとフィリピン人は喜びますし、さらに良いサービスを受けることができるでしょう。セブ島では金額の多すぎるチップはトラブルを招く原因にもなりますので、この記事を読んでセブ島のチップの相場を知っていきましょう。

セブ島のホテルのチップの相場

ベッド

セブ島のホテルでのちっぷの相場は50〜100ペソが相場です。チップを払うタイミングはポーターが重い荷物を部屋まで運んでくれた時がおすすめです。高級リゾートホテルのシャングリラなどに滞在された時の、ベットメイキング、ホテルまでタクシーを呼んでもらった事に対するチップです。正直、どれも任意ですがマクタン島のリゾートホテルに泊まられている方は、レセプションにタクシーをお願いする際ににも、気持ちで50〜100ペソ程あげたらスムーズにタクシーを呼んでもらえる可能性が上がります。細かい硬化のチップよりかは紙幣の方がおすすめです。

セブ島のホテルのチップの相場

50〜100ペソ

セブ島のタクシーのチップの相場

タクシー

基本的には、セブ島のタクシーでチップを払う義務はありません。が、空港から重いスーツケースを乗せた時や、一時間以上の長距離ドライブ、途中でトイレに寄ってもらったりした場合には50〜100ペソほどのチップを渡してあげれば十分です。また、行き先が2つ以上の場合はチップで追加で40ペソ支払うようにして下さい。

また、セブ島でタクシーを乗る時に気をつけた方がいい事が、タクシーはお釣りが細かいお釣りをもっていないことが多いので1,000ペソ札、500ペソ札は極力両替して崩しておきましょう。ちなみにセブ島のタクシーの初乗りは40ペソです!

セブ島のタクシーのチップの相場

50〜100ペソ

セブ島のマッサージのチップの相場

マッサージ

セブ島のマッサージのチップの相場は、マッサージ代の1割です。セブ島マッサージショップに行くと、最後にチップを入れることの出来るカゴが渡される場合があります。受けたマッサージの料金の1割ほどを支払えば十分。例えば1000ペソのマッサージを受けたら100ペソほどのチップをあげる等です。しかしながら受けたマッサージに対して非常に良いサービスを受けたなら、もう少し奮発して払ってあげても良さそうです。

セブ島のマッサージのチップの相場

マッサージ代の1割

セブ島のツアーガイドのチップの相場

世界地図

セブ島のツアーガイドのチップの相場は100〜500ペソです。ツアーガイドへのチップは必ずしも上げなくても良いですが、オフィシャルツアーチップ内容以外の業務をお願いした時や、綺麗に写真を撮ってもらったり、ガイドの仕事に満足頂けたなら100〜500ペソ程を帰り際に渡してあげるのが良いでしょう。

これはセブにいるフィリピン人ガイドだけでなく日本人のガイドにも払ってあげると非常に喜びます。ちなみに先にチップを払い、「追加でこんな事がしてみたい、こんな場所にも寄ってみたい」などの相談も可能ですよ!

セブ島のツアーガイドのチップの相場

100〜500ペソ

セブ島のレストランのチップの相場

レストラン

セブ島のレストランでのチップの相場は、細かいお釣りを(コイン)置いていく、です。セブ島のレストランでのチップは必要は無いですが、レストランのサービスに満足したら、帰り際にテーブルの上にお気持ちでチップを置いておくのが良いでしょう。

セブのレストランでお会計を済ませた後、お釣りが来たらそののコインの端数、大きくて50ペソをお気持ちおいておいたら良いと思います。特に高級なセブ島のレストランでは100ペソ以上のチップを払ってあげても良いと思います。

セブ島のレストランのチップの相場

お釣りのコイン(多くて50ペソ、高級レストランで100ペソ未満)

まとめ

セブ島では基本的にチップは要らない島ですが、だいたい全てのチップの相場は50ペソ〜100ぺそが良いです。時や場所、シチュエーションに合わせてスマートにチップを払うと、よりセブ島での生活が楽しめそうです。この記事を読んで、あなたも素敵なセブ島での生活を楽しんでみて下さい。まずは500ペソや1000ペソの大きな紙幣はコンビニやスーパーで崩しておいて細かい紙幣を残しておくことからはじめましょう。

関連記事

  1. セブのおススメ絶景スポット・シラオピーク・行き方

  2. 現地大学生のフィリピンお勧めローカルフード5選

  3. セブでメンズが散髪するならバーバー・TUF

  4. セブ1美味いチキンショップ・TAGALA Chicken Butterfly

  5. セブの隠れたプライベートバーバー・CULI CUTS

  6. 貧乏ジャパニーズはここに行け!セブ島の全品100ペソ以下の激ウマ日本食食堂!

  7. セブでスケーターファッション買うならSTRAP

  8. セブで一人暮らしする大学生がスーパーで買うもの6選

CEGA


Zen English

セブ島留学センター




アーカイブ

PAGE TOP