ヘッダー画像

セブのアンダーグラウンドシーンを感じるなら・Kukuk’s Nest

セブのユースカルチャーやアンダーグラウンドシーンを見たいならカオスな一軒家のアートギャラリーのKukuk’s Nest(ククックスネス)を訪れてみてはいかがでしょうか?Kukuk’s Nestの壁いっぱいに貼られたステッカーやグラフティからもローカルの若者たちのアート魂を感じ取ることが出来ます。

セブのアンダーグラウンドシーンを感じるなら・Kukuk’s Nest

なかなか普段、お目にかけないセブのユースカルチャーやアンダーグラウンドシーンは、Kukuk’s Nest(ククックスネス)に足を運んでみましょう。自称、アートギャラリーという名のKukuk’s Nestですが、実状はギャラリーでありライブハウス、バーやカフェのような使い方も出来る他には無い不思議な空間です。

Kukuk’s Nestは営業時間が24時間で、夜中に訪れてお酒を飲むことも出来て早朝に朝食を頂ける事も出来る。週末になれば、ライブイベントが行われたりギャラリーでの展示やポップアップショップが開かれたりします。店内での飲食が出来ますが、価格はローカル向けでかなり気軽に訪れることが出来るのも非常に嬉しいです。

Kukuk’s Nestで個人的に印象深いのはトイレでまさにホラー映画のシーンに登場するかのようなカオスな雰囲気に包まれています。お世辞にもキレイなトイレとは言えませんが、多少の汚さが許せる方は、是非Kukuk’s Nestに訪れてみてはいかがでしょうか?

Kukuk’s Nestの店内の様子

Kukuk’s Nestの店内の様子

Kukuk’s Nest(ククックスネス)の店内はイベントが出来るくらいに大きく、適当に置かれたソファ席とテーブル席があります。席数をたくさん設けているわけではなく、通常営業ではお客さんが適当に寛いで飲んだり、トランプで遊んだり、カウンター越しにお話をしたりとローカルの憩いの場所になっているようです。Kukuk’s Nestに着いたらカウンターに行きオーダーをしてください。

Kukuk’s Nestの店外の様子

Kukuk’s Nestの外は無料駐車スペースがあり車でのアクセスも良いです。写真では暗くて伝わりづらいですが、Kukuk’s Nestの一軒家まるごとグラフティで溢れかなりの迫力です。グラフティが好きな方にはかなりたまらない素敵な場所だと思います。同じ敷地内にタトゥーショップも併合してあります。

Kukuk’s Nestで行われるイベント

Kukuk’s Nest(ククックスネス)では不定期でイベントが開催されます。事前にKukuk’s Nestのfacebookページから事前に告知がされますので、こまめにチェックしてみると良さそうです。エントランスは無料のときもあれば、いくらか支払うときもありますがローカル価格ですので高いことはありません。写真に写っているのがKukuk’s Nestのギャラリーでこの日は、絵とTシャツの展示販売をしていました。

Kukuk’s Nestはライブスペースとしても利用されています。この日はローカルのハードコアバンドが演奏していました。スクリーンを使って映像を流したりとかなり自由な空間で楽しい時間を過ごすことが出来ます。他のイベントではヒップホップのライブなどを見ることが出来ます。

Kukuk’s Nestの不思議な光景

Kukuk’s Nest(ククックスネス)に自転車で食べ物やタバコを売りに来るおじさんがたまにやってきます。チチャロン等が15ペソほどで買えたりと酒のツマミにちょうど良いです。不定期でいきなり現れるので、見かけた際は何か買ってみるのも良いと思います。

Kukuk’s Nestのメニュー表

Kukuk’s Nestの場所・営業時間・電話番号

Kukuk’s Nest(ククックスネス)はハロルズホテルからほど近く、ゴロルドAve.沿いにあります。少し入り組んで分かりづらいですが、外の壁沿いにもグラフティが描かれているので、それを目印に行ってみて下さい。

Kukuk’s Nestの営業時間・電話番号

営業時間:24時間(定休日なし)

電話番号:(032) 231 5180

facebook

まとめ

普段なかなかお目にかけないセブローカルの面白いアンダーグラウンドシーンが覗けることもあり、Kukuk’s Nest(ククックスネス)には是非、一度足を運んでみて下さい。セブのグラフティシーンはKukuk’s Nestから情報を得ることが出来ます。これから何かやろうとしているローカルの若者から、アーティストまでが集まる憩いの場、Kukuk’s Nestであなたも刺激的な時間を過ごせるでしょう。

関連記事

  1. セブの隠れたプライベートバーバー・CULI CUTS

  2. セブ・ラーメン巡り第4弾. YU-YU-TEIのラーメンはウマいのか?

  3. セブ・誰も知らない穴場スポット、マルボック湖

  4. セブで無限にとんこつモツ鍋を食べるなら・筑前屋

  5. セブローカルの若者に流行中の指スケ専門店・BLACK MARKET

  6. 現地大学生のフィリピンお勧めローカルフード5選

  7. セブの日本人経営のDJスクール・SUPERNOVA DJ SCHOOL

  8. 博多男児はここに行け!セブの博多ラーメン・一幸舎

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CEGA


Zen English

セブ島留学センター



人気の記事

  1. フィリピンでインフルエンサーマーケティング始めました
  2. とにかく安心感が半端ない・AYO AYO CAFE
  3. フィリピンが発展できなかった理由・セブの大学の先生に聞いてみた

アーカイブ

PAGE TOP