ヘッダー画像

フィリピン人の平均寿命が短い理由はこれだ!

フィリピン人の平均寿命は約68.41歳、日本は83.84歳(2015年)です。フィリピンの平均寿命が短い理由は沢山ありますが、なぜフィリピンの平均寿命は短いのかをササセブ視点で調べました。

 

フィリピン人の平均寿命が短い理由はこれだ!

 

フィリピン人の平均寿命が短い理由は「人生の目的が完了されるのが早い」という事だと私は思います。もちろん、発展途上国の平均寿命が低い理由に生活習慣、医療、食べ物、などが挙げられると思います。でも今回は全く新しい視点で考えてみました。

 

ちなみに世界で一番平均寿命が低いのがシエラレオネというアフリカにある国です。平均寿命は46歳です。

 

色んなサイトでフィリピンの平均寿命が短いのが生活習慣、医療、食べ物とあげられていますが、ササセブはもう一つあると考えました。それが、”人生の目的が完了されるのが早い”という事。どういう意味なのでしょうか?

 

セミは人生の目標を地上にいる7日間で完了させる

小さい動物は基本的に大きい動物より寿命が長い。像は70年生きてクジラは100年近く生きることができると言われています。ネズミの平均寿命は1~3年。時間というものは皆に平等に与えられている。とよく言われますが、時間は誰にでも同じ速度で流れているものではないと私は思います。

 

セミは7年近く土の中で幼虫時代を過ごします。そして地上に出て成虫として生きる期間はたったの7日ほど。でも彼らの人生の目的は、この地上で生きる7日間の目的は、子孫を残すこと。この目標を達成したセミはすぐに死んできます。

 

この現象はセミだけではありません。お祖母ちゃんが死んで、お爺ちゃんもすぐ後を追うように死んでしまった。これよくある話ではないでしょうか?おそらく、お爺ちゃんはお祖母ちゃんを失うことによって、生きる目的が無くなってしまった。のかもしれません。もちろん、お爺ちゃんは自殺したわけではないですが、これが自然の現象、目的を失うと体は死を選ぶという事なのでしょうか?

 

フィリピン人は人生の目的を完了するのが早い

picture by blogpost.com

今回のテーマ”何故フィリピン人は寿命が短いのか?”一つ考えられる結論として、早々に生きる目的を失う人が多いのではないか、と考えましたとお話ししました。

 

原始時代の人間は13~15歳で結婚して、子供をつくって30歳くらいで死んでしまう。彼らの生きる目的は現代の人間よりもより、”子孫を残す”という本能的なものは強かったはず。となると15歳で子供をつくり、次の世代に引き継ぎが完了した30歳前後で彼らの人生の目的は完了されてしまったのかもしれません。

 

話をフィリピン人に戻すと、フィリピン人は20代前半で結婚して同時に子供をつくり、大学まで行かせるとしましょう、長男女が大学を卒業するあたりで親の役割は終わります。後は、長男女が働いて家族を養い、次は次男女、三男女、と親の役割は終わります。親の後の人生は120%子供が稼ぐお金で生きて行くことになります。

 

フィリピン人の平均寿命は68.41歳(2015年)。フィリピンでは子供をつくり、また別のフィリピン人と子供をつくるのは当たり前。40過ぎても2歳の子供がいるなんてザラにあります。ほとんどのフィリピン人が家族を2,3個持っていると言えちゃたっり・・。

 

なので、68歳で2,3回の子育てを終了し、子供の稼ぎで食っていく、本能的に人生の目的を完了してしまったと考える考え方をあるという事です。

 

長生きする=ストレスを感じない

フィリピン人の平均寿命が短い理由を今回「人生の目的を完了するのが早いから」と勝手に結論づけてしまいました。人は誰でも長生きしたいものなんでしょうか?長生きするために生活習慣を気を付けてみたり、食事もそうですが、健康的に生きる=長生きというのが当たり前のように感じます。

 

でもストレスを感じない=長生きする。と私は思います。あるササセブの師匠が言っていた言葉、「病気は本来存在しない」。病気は何かしらその人間が抱えるストレス(憎しみやネガティブ思考)から来ていると学んだことがありました。

 

これが正しいと考えると、幸せ(病気をしない。長生きする)を作り出す方法は、嫌いな人間を自分のように愛し、許し、受け入れること。をしていくとストレスは急激に感じられなくなり、現在の地球にある幸せの概念をゲットできるのではないでしょうか?

 

まとめ

最後のまとめの方向性が今回のテーマと違いますが、私は最近、フィリピン人をとことん愛してやろう。と思考を変えました。ぶっちゃけ、フィリピン人は頭は悪いし、嘘はツキまくるし、言い訳ばっかのストレスを生み出すのが得意な生き物。

 

でもそんなものでストレスを抱えてネガティブし思考を働かせてい続けていると、病気になったり、自分の仕事に集中できなかったり、ストレスがもたらす影響力は大きいのだと思います。であれば、もうフィリピン人をどんな事があっても愛す力。これがすべて物事において成長し、成功できる秘訣なのではないでしょうか?

関連記事

  1. フィリピン・ミンダナオが今どんだけヤバいのか?

  2. 英語力0の人がセブ島留学中に必要な3つの事

  3. 金持ちのフィリピン人の5つの特徴・金持ちは2パターン

  4. レイテ島でM6.5の地震・セブの大学は休校

  5. コロンにある18禁でゲイだけが集まる映画館

  6. フィリピンでバスケットボールが人気な理由。

  7. フィリピンと日本の学生の違い・どっちがビッチ??

  8. フィリピンのリアルな麻薬事情

コメント

    • Yama
    • 2017年 12月 20日

    二番目の人生目的を手探りしている隠居です。
    師匠の言葉「病気は本来存在しない」は、その通りだと私も思って暮らしています。

    >嫌いな人間を自分のように愛し、許し、受け入れること。
    神ならぬ生身の人間がこれに取り組めば、ストレスで病気になります。
    好きな人間を自分のように愛し、許し、受け入れることさえ、簡単ではないはずです。

    「滞在5年以上の人の意見しか聞かない」ある在住者の言葉ですが、
    通算8年実質4年滞在の私に、依然重くのしかかっています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CEGA


Zen English

セブ島留学センター

SASACEBU.com広告募集

PAGE TOP