ローカル情報

フィリピンでタバコがもう吸えない?

投稿日:2016年10月29日 更新日:

ドゥテルテ大統領が麻薬の取り締まりを強化しているのは有名ですが今度はタバコの取り締まりも強化していくそうです。ドゥテルテ大統領は本格的にこれを10月から行うそうです。11月の現在はもう実行されているそうですが、まだそこまで厳しくは取り締まれていない模様。

フィリピンは東南アジアで2番目(インドネシアが一位)に喫煙率が高い国だそうです。  なんと成人男の3分の1が喫煙者。男性の半分が喫煙者だそうです。 これはヤバいです。   実際に、町を歩いていてもいたるところで喫煙喫煙喫煙。フィリピインのタバコの金額はひと箱およそ150円くらいと超格安なのでローカルな人たちでも購入可能です。               ストリートではタバコのばら売りがよく見られ、一本単位で購入可能です。            

picture by nextcity

およそ1本2ペソほどで購入可能です。また、ほかにも飴が単品で買うことも(1こ1ペソ)

picture by http filipinolifeinpictures.blogspot.com

しかし、この新しい法律「タバコを公共の場所(車内、公園、バス停含む)などの喫煙は禁止」を施行してしまうと町にいる多くのタバコ売りのおじさん、子供の職が失われるでしょう。 ただ職といっても一日のその人たちの儲けは50~100ペソ(100円から200円)とかなり少ない収入です。しかしストリートでは超安い、旨い、食事が食べられるのでなんとか生きていけるのですが・・。今度こういった方々が心配になりますね。

 

また、今はまだいるかどうかわかりませんが、セブ島のオスメナサークルの近くに「大麻~大麻~」と声をかけてくるお兄ちゃんがいたんですがどうなっているのでしょう。

ここのピンのところで大麻が100ペソくらいで売られてました。

今は国として規制がかなり厳しくなっているので留学生のみなさんは絶対に買わないでくださいね!

 

 

picture by wpro.who.int

-ローカル情報


口コミを書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フィリピンのリアルな麻薬・大麻(マリファナ)の事情

2016年6月にフィリピンの大統領がドゥテルテに変わり、麻薬やドラッグ、大麻の取り締まりが非常に厳しくなりました。それでも一行に終わらないフィリピンの麻薬戦争。フィリピンのリアルな麻薬、大麻(マリファ …

金持ちのフィリピン人の5つの特徴・金持ちは2パターン

フィリピンは発展途上国。道にはストリートチルドレンなど今だ恵まれない人は沢山います。しかし、私の大学には車で登校するフィリピン人も何人かいます。今回はお金持ちのフィリピン人の特徴を5つ紹介します。 ス …

セブ島で道を横切ったら罰金くらった件

ドゥテルテ政権になってから麻薬戦争はもちろんタバコ禁止やいろんな制限がかけられるようになりました。本日は私がそのトラップにかかった経験をご紹介!   コロンストリートを横断したら50ペソの罰 …

なぜフィリピン人はATMの前に長蛇の列を作るのか?

フィリピンにいると気づくことの一つが「ATMの列が長い」という事。なぜあんなにもフィリピンのATMの列が長いのか調べてみました。   スポンサードサーチ なぜフィリピン人はATMの前に長蛇の …

セブで1番キレイな海カランガマン島・行き方

今回ご紹介するのが、現地大学生のササセブが今までセブで1番キレイだった海カランガマン島(kalanggaman island)。よく映画や写真で見るようなあの透明な海が本当にあるんです。カランガマン島 …