セブで一番ウマいポンコポンコ・ローカルフード

ポンコポンコ。フィリピンのローカルでは誰もが知るローカルフードの屋台。日本人には抵抗があるローカルフードですが、今回セブで一番ウマいポンコポンコ屋を紹介します。

ポンコポンコってなに?

ポンコポンコとはビサヤ語で「座る」という意味です。上の写真にあるように、真ん中にあるから揚げのようなものを皆で囲んで食べるスタイル。自分が食べたい、から揚げを選んでプソ(コメ)と一緒に手で食べるフィリピンのローカルスタイルです。

一食20~40ペソで食べれるお手頃ローカルフードで道端によく屋台のような感じで見かけることができます。正直日本人にとっては不衛生でゴミのようなものを食べている感覚かもしれませんが、ササセブは大学の昼食でこんなモノをよく食べています。

セブで一番ウマいポンコポンコ・Pungko Pungko Hostel

いわゆるフィリピン版のから揚げです。今回紹介するPungko Pungko Hostelは何人ものポンコポンコ職人が集まるセブのポンコポンコの聖地。テーブルが10個以上ありますが、テーブル1つ1つにから揚げボックスが置いてあります。

そして1つ1つのから揚げボックスのオーナーは違うのです。なのでお客さんを取ろうと「自分のポンコポンコには腸があるよ!今、脳アツアツだよ!」と賑わっている場所。(ラーシャンよりかはしつこくないです。)

もちろん、ポンコポンコの味もそうですが、ポンコポンコ職人一人ひとりにカラーがあるので、職人と話したいから、といった感じでテーブル1つ1つに常連さんがいる。

ササセブはいつもこのオジサンのテーブルでポンコポンコを食べます。この大将は優しくていつも最高の腸を出してくれる。そしてこのオジサンが作るポンコポンコ出汁がウマい!興味がある人は是非このポンコポンコを味わってほしい。

ポンコポンコ!!(Boxの中身)

これがポンコポンコ。でかいボックスの中にから揚げは春巻きのようなものが入っていいて、自分が食べたいものを自由にチョイスします。どれも同じそうなので区別がつきづらいですが、4.5種類くらいのから揚げが食べることができます。

ササセブの好みは腸と脳。ウマいです!

Pungko Pungko Hostelの場所・営業時間


Cebu Pungko Pungko Hostelはフエンテサークルのすぐ近くにあります。ケンタッキーのすぐ右側に細い道があるのでそこを歩いて突き当りを左に曲がって10m先にあります。

Cebu Pungko Pungko Hostel営業時間

営業時間:6:00~22:00 (朝、昼に行くのがおススメです)

ポンコポンコの相場値段

・腸:15 ペソ

・脳 15ペソ

・ルンピア 4ペソ

・豚のぽっぺ 20ペソ

・プソ 3ペソ

・その他 6ペソ

まとめ

ポンコポンコ。その意味は座る。一つのから揚げボックスに知らない人も交じって一緒に食べるフィリピンの屋台。よくわからない部位のから揚げを毟り食って、プソを齧りながら、スプライトで流し込む。

一般の日本人には食べれない食べ物かもしれませんが、ローカルで生きるササセブにとっては普通の光景。意外と特に今回紹介したポンコポンコはウマいので是非トライしてみてください。