ウェイターがコスプレするレストラン・The Thray

映画 Game of Thronesがモチーフになっているレストラン・The Thray。ウェイターがコスプレをしたりする面白い、シーフードとステーキが美味いレストランの紹介です。

ウェイターがコスプレするレストラン・The Thray

今回紹介するレストラン・The Thrayは映画 Game of Thronesをモティーフにしたレストランです。店内はその映画のフィギアなどが飾られており、ウェイターの人も魔女のような奇妙なコスプレを着ています。

このウェイターがナイスキャラで、毎回、超小さい声でオーダーを取って、いつもお店の隅っこで腕を組んで存在感を消して立っている。なのにお客さんが帰る時は「Thank you my lady~.」とスウィートな言葉を掛けてくる。

そんなナイスなウェイターが魅力のレストラン・The Thray。ウェイターだけでなく、飯も美味い。シーフードとステーキがメイン料理です。

The Thrayのシーフードがかなりウマイ!

The Banshee Boodle(599ペソ/2人前)

これはブードルファイトというフィリピンの伝統的な料理です。一つのプレートなどに、米やシーフードなどの食べ物を食らえてみんなで手で食べるスタイル。これがウマい!

この599ぺソ(2人前)のメニューはお米が食べ放題で、ポーク、カニ、ムール貝やエビなどが入っています。特製のレモンバターソースがかなりウマくてこれが人気の秘訣らしいです。

ANTI MAGE ICE TEA(70ペソ)

これはただの泡があるアイスティーですが、ここでしか飲めないアイスティーなので来たら1度はオーダーしたいドリンクです。ハリーポッターに出てくるバタービールのようなノリですね。

The Thrayのメニュー表

メイン

ドリンク

The Thrayの食べ物のメニューはこのブードファイトとステーキ料理のみ。ブードルは799ペソと599ペソ(2人前)のものがありますがついてくる肉がビーフ(799ペソ)かポーク(599ペソ)の違いです。

ステーキは今回頼んでいませんが899ペソのちょっとお高いステーキが人気です。肉の部位がUSDA Ribeyeというちょっと高級なステーキが食べれるみたいです。

USDAとはアメリカの農林省の意味。USDAとついている食品は、世界で一番厳しいオーガニック審査を認証したものだけなのでかなりヘルシーで安全な食品なのです。

The Thrayの場所・営業時間


The Thrayはグアダルーペのセブンイレブンの目の前にあります。近くにSMEAGとう語学学校があり、そこからは徒歩で行ける距離です。

The Thray営業時間

営業時間:11:00~14:00 / 17:00~22:00

電話番号:0947-991-8930

まとめ

映画 Game of Thronesをモチーフにしているレストラン・The Thray。ぶっちゃけ映画は観たことないし興味もありませんが、ここのシーフードメニューとウェイターのキャラクターが中々たまらない。

スゴイこじんまりとしたレストランで穴場感満載のThe Thay。フィリピン人には値段は少し高めですがそれでもお客さんは結構入っている、これから人気がもっと出てきそうなレストランです。是非一度行ってみてください!