ヘッダー画像

セブ島のアドベンチャーパーク・papa kits (パパキッズ)400メートルのジップライン

セブ島にはいくつか自然の中で楽しむアドベンチャーパークがあります。ボホール島のジップラインなどはかなり有名ですが、今回はセブ市内からで30分で行ける400メートルのジップラインや釣り、乗馬ができるアドベンチャーパークをご紹介!


Papa kit’sの行き方は記事の終わりにあります! ジップラインの動画もあり!

アドベンチャーパークPapa kit’s(パパ・キッズ)

セブ市内から30分くらいで行けるところにあるPapa kit’s(パパ・キッズ)。      アトラクションは400メートルのジップライン、クライミング、アスレチック、釣り、乗馬、ウェイクボード、ボートなど格安でいろんなアトラクションが楽しめます。敷地内はバンが走っていて無料でアトラクションの場所まで連れて行ってくれます。リゾートも付いているので宿泊も可能!

営業時間は午後の6時までアトラクションができます!

アトラクションの各値段

入場料は100ペソ(ごはん付きです!)ジップライン200ペソ、クライミング100ペソ、アスレチック150ペソ、釣り(釣った魚を持ち帰り可能!)100ペソ、乗馬75ペソ、ウェイクボード500ペソなどです!

パックセットもあります!

こちらのパックは499ペソで入場料、ごはん、ジップライン、アスレチック、釣り、乗馬が付いてくるのでこのセットを購入するのがおススメです!

アトラクションの紹介(499ペソセット)

①無料ごはん

最初にお腹がすていたのでご飯を食べました。

レストランの様子

②釣り

釣りをするちょっと大きめな池はレストランと面していて昼食後、すぐに釣りができます。     通常料金:100ペソ (時間制限なし)

夕方の池。左の大きい家みたいなのがレストランで、小さい小屋みたいなところで釣りをします。

釣りの様子

2時間くらいで10匹ほど釣りました。1キロ200ペソでお持ち帰りができます。50ペソで内臓を取り出してくれます。わたしは実際に釣った魚を買って家で調理して食べました!

③400メートルのジップライン

通常料金:200ペソ

ここのジップラインはボホール島にあるジップラインよりとにかく長い!片道なんと1分くらいかかります。

ジップラインの動画

④アスレチック(Jungle Obstacle)

通常料金:150ペソ

そんなに難しいコースではないんですが、ロープや木が古いので「壊れる!?」という恐怖がたまりませんね。

Jungle Obstacleが終わってすぐに別のアトラクションHanging Bridge(50ペソ)があります。これは499ぺそパックには入ってないのですが後でジップライン近くのカウンターで払えます。実際、こちらの方がもっとロープと木がボロボロなので怖いです。

⑤乗馬

通常料金:75ペソ

乗馬はポニーではなく馬でした。金額のとおり乗馬というよりは「馬に乗る」といったかんじで200メートルくらい馬の上に乗って散歩します。「自分で馬をコントロールしたい」というと扱い方を教えてくれます!

リゾート

一応、リゾート地もあるみたいで湖の周りにコテージがあるそうです。料金は以下のようです。

リゾートのルーム料金

Superior Room:2500ペソ(朝食付き/2人向け)
Deluxe Room:2800ペソ(朝食付き/2人向け)
White House:3800ペソ(朝食付き/4人向け) すべてWIFI付きです!

電話番号:032-238-5050 / 032-253-4966  / 032-410-7069

部屋の写真はこちらのサイトにあります!

Papa kit’sの行き方

タクシーかバンをチャーターして行くのが手っ取り早い方法ですがそれだとつまらないのでローカルに安くいく方法を教えます!

まずSMモールまで行きます。

SMモールを正面にして左側の方にAPMショッピングセンターがあるのでそこに向かう。タクシーでここまで来た方が早いかもしれませんね。

APMショッピングセンター地図

APMショッピングセンターの向かい側の道路でジプニーが停まっているのでLilo-an(リロアン)行きのジプニーに乗りましょう。ジプニーの番号は25。ジプニーのドライバーに「パパキッズで降ろしてくれ!」と言ったらゲート手前で降ろしてくれます。ジプニーの料金は15ペソです。時間は30分程度。

帰り

帰りはパパキッズから歩くかバイクに乗って大きい道(Central Nautical Hwy)まで行きます。「ハイウェイはどこ?」といったらみんなわかります。近くに目印として教会のような建物(Liloan Municipal Hall)があるのでその前でジプニーかバスを捕まえましょう!

この辺でジプニー・バスを捕まえましょう。

夜はこのエリアではジプニーが満員でなかなか乗れないので頑張りましょう。SMモール行きのジプニーに乗るのがいいです!

関連記事

  1. オランゴ島バイクツアー

  2. フィリピン・ネグロス島ドゥマゲッティの第二次世界大戦博物館。しかも触検可能!

  3. セブローカルの若者に流行中の指スケ専門店・BLACK MARKET

  4. セブ発のアパレルブランド・The Good Neighborhood

  5. セブ島でデートに誘うならここ!第一弾

  6. セブ・誰も知らない穴場スポット、マルボック湖

  7. セブで1番キレイな海カランガマン島・行き方

  8. セブの動物園・Cebu Zooに行ってみたけど、動物ほぼ全滅していた件

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CEGA


Zen English

セブ島留学センター

SASACEBU.com広告募集

PAGE TOP