フィリピンでバスケットボールが人気な理由。

フィリピンで一番人気スポーツと言えばバスケットボール。貧しい子供からお金持ちの大人までフィリピン人が愛す国民的スポーツです。なぜフィリピンはバスケが一番人気なのか調べてみました。

フィリピンでバスケットボールが人気な理由

picture by livedoor.blogimg.jp

世界で一番人気なスポーツはサッカー、クリケット、バスケットボールの順になっています。フィリピンはというと、バスケットボール、バレーボール、バトミントン、といったところです。

上の画像は世界のスポーツ種目別の人口を表したものです。

・緑→サッカー

・赤→クリケット

・オレンジ→バスケットボール

・黄色→野球

・青→アイスホッケー

フィリピンはといえばアジアで唯一オレンジ色になっています。オレンジ色はバスケットボール。他にバスケットボールの色になっているのはラトビアとリトアニアとアメリカです。バスケットボールと言えばアメリカのNBA。フィリピンが何故、バスケットボールが超盛んなのかアメリカと深く関係がありました。

アメリカ植民地時代から根付いたフィリピンのバスケ好き

picture by www.zinzin.com

フィリピンでバスケットボールが人気な理由はアメリカに植民地化されていたことが一番の理由でした。

バスケットボールは1891年、アメリカで生まれたスポーツです。実はバスケットボールというスポーツが出来て、アジアで一番最初に広まったのは中国(1898年)、日本(1908年)、そして1910年にフィリピンだったそうです。

フィリピンがアメリカの植民地になった年は、1898年。バスケットボールというスポーツがアメリカで誕生して、超ド田舎の南国の島国フィリピンに広まるまで12年。

フィリピンにはスポーツというものがまだ発展していなかったので、バスケットボールが一番最初に人々がハマってしまったスポーツだったのかもしれません。フィリピンのバスケットボール人気は、アメリカの植民地時代にアメリカ人によって広められたと私は思いました。

ちなみにフィリピンのバスケットボールのプロリーグ、PBAは1975年に設立されて、NBAの次に古い、世界で2番目に歴史があるバスケットボールのプロリーグなんです。

フィリピンのバスケのレベルってどうなの?

フィリピンのバスケのレベルは日本よりは上です。FIBAが発表した最新のバスケットボール世界ランキングではフィリピンは27位。アジアでは第3位です。(上の画像がアジアランク)

日本の世界ランクは48位。アジアでは8位。フィリピン人はバスケがヘタクソだと思っている皆さん。日本のバスケの方がヘタクソなのかもしれません。

私が通っているサンホセ大学にもバスケ部みたいなものがあり、大学で一番盛んなスポーツはやっぱりバスケ。サッカーの試合よりバスケ試合の方が女の子の見に来る率が高い・・。ササセブは小学校からサッカーを毎日するサッカー小僧。

セブで一番サッカーが盛んなサンカルロス大学、フィリピン大学の学生とサッカーをたまにしますが、みんなヘタクソすぎて正直お話にならない。自分はここで輝けると思ったのは束の間、フィリピンはバスケの国。輝く以前の問題でした。

まとめ

フィリピンは本当にバスケが盛んで、何処へ行ってもバスケ。ストリートチルドレンもボコボコの土の上でべにゃべにゃのボールで、手作りのゴール目がけて皆でバスケをしています。

もしアメリカがサッカーが盛んで、当時フィリピンにサッカーを広めていればフィリピンはサッカーが強い国だったのかもしれません。フィリピン人とサッカーをしていても、一緒に勉強しても、仕事しても組織力が無く、チームプレイのスポーツが苦手ですが、今後フィリピンのバスケのレベルはドンドン上がっていくのかなと思います。

NBAの試合なんて女性の人でも「今日レイカーズが勝つと思う!」と、今日アメリカでNBAのレイカーズの試合あるんだ~と尊敬してしまうほど、みんなバスケ好きなのです。発展真っ最中のフィリピン。スポーツの面でも発展が楽しみです。

front picture by news.abs-cbn.com

コメント