ヘッダー画像

コーヒー1年分をゲットのチャンス・Bo’s Coffee

セブで1番有名なコーヒーショップと言えば間違いなくBo’s Coffee でしょう。世界的に人気が高いスターバックスコーヒーに負けない勢いがあるフィリピンブランドBo’s Coffee 。3月10日に91店舗目となる店舗がマクタン島Island Central Mallに正式オープンします。当日はコーヒー1年分がゲットできるチャンスがあるんです。Bo’s Coffeeの新店舗情報をお送りします。

 

コーヒー1年分をゲットしよう・Bo’s Coffee Island Central Mall

セブ島では大変よく見かけるBo’s Coffee 。モールなどには基本的に入っています。今回新しくオープンするのがマクタン島にあるIsland Central Mallの中。このモールも新しいモールで現在建築作業が続いていますが、モール内にはレストランやスパーマーケットなどがすでに入っています。

Bo’s Coffee がオープンすると時に必ずと言っていいほどやっているキャンペーンがあります。それがコーヒー1年分プレゼントキャンペーン。キャンペーンというよりかはオープン当日に最初に並んでくれたお客さんにプレゼントするといった感じです。今回お行われる内容は

オープン当日の最初の列に並んだお客さんにコーヒー365杯分(1年分)をプレゼント。2列目のお客さんにはコーヒー半年分、3列目のお客さんにはコーヒー3カ月分、4列目のお客さんにはBo’s Coffee から特別プレゼントが贈呈されます。

当日のオープンは朝の7時。そうなると年分をゲットするには4時か5時くらいから並ばないといけないかもしれませんね。コーヒー1杯を100ペソとすると36,500ペソのお得、約8万円相当のコーヒー代がゲットできるんです。フィリピンではよく速いWIFIを求めコーヒーショップに行くことが多いいのでかなり嬉しいプレゼントです。

 

Bo’s Coffee Island Central Mall店の内装

1階部分

 

1階カウンター

 

2階部分

 

2階の階段から

 

フィリピンブランドBo’s Coffeeとは?

picture by ABSCBN news

Bo’s Coffeeは名前的にアメリカのコーヒーショップかと思う方がいるかもしれませんがフィリピン人オーナーのフィリピン発のコーヒーショップです。オーナーの名前はSteve Benitez(スティーブ・ベニテス)。彼はセブ島で生まれたビサヤの男。Bo’s Coffeeが1番最初に店舗を出したのが1996年6月、セブ島のAyala Mallです。そこからセブ島はもちろんビサヤ地域のミンダナオ島やルゾン地域のマニラにも店舗を出していき、Bo’s Coffee Island Central Mall店で91店目になりました。今年中に100店舗まで広げる予定だそうです。

 

picture by boscoffee.com

フィリピンに海外からコーヒーショップが参入してきてその勢いに負けなかったのがBo’s Coffeeでした。創設者のSteve Benitezは他のコーヒーショップと差別化をするためにフィリピン国産豆を使ったコーヒーにすることにしました。フィリピンブランドの誕生です。フィリピン発のコーヒーショップはフィリピンのコーヒー豆を使って、フィリピンブランドで参入してきたスターバックスコーヒーやCoffee Beanに対抗したのです。現在セブを見る限り一番見かけるのはBo’s Coffee。Steve Benitezは勝ちました。

フィリピン国産コーヒー豆はBo’s Coffeeのどこの店舗でも購入することができます。今後はフィリピン国内だけでなくアジアを中心に海外出店をしていく予定だそうです。日本にもJolibeeが出店するのでBo’s Coffeeも日本に来てほしいですね。今後もフィリピンブランドに期待です。

Bo’s Coffee Island Central Mall店の場所・営業時間


Bo’s CoffeeはIsland Central Mallの入り口のすぐ右側にあります。

 

Bo’s Coffee Island Central Mall店営業時間

営業時間:7AM~12AM

 

関連記事

  1. 日本人男性2人がパラワン島で誘拐殺害

  2. 12月11日(日曜日)マクタン島でバイクレース。道路閉鎖で大渋滞の予測

  3. セブで日本人が死亡・首つり自殺

  4. マニラから誘拐グループが現在セブ・マクタン島に。メンバー一人逮捕

  5. 緊急!!フィリピン・レイテ島で爆発。セブ島にも非常警報

  6. ミンダナオ過激派勢力問題解決へ前進か?フィリピン・イスラム過激派組織の歴史①

  7. マクタン島でパラセーリングをしていた韓国人が死亡

  8. フィリピン麻薬戦中止へ・汚職が無くならない理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CEGA


Zen English

セブ島留学センター

SASACEBU.com広告募集

PAGE TOP